ただの写真吐き捨て場とたまにぼそっと


by burnoutb1t7a8kz

そうそれは殿堂入り~致命的欠点の浮き彫りとレンゲ抗争勃発~

今日は前の記事書いた通り




中学の親友とラーメン食いに行ってきました





歩いてきたトモダチをみんなで
家まで送ろうといいトモダチの家まで
行きその後
2時に帰ってきてそっからお風呂&ブログ書いて




睡眠時間5時間くらいでしたが




やっぱりその時間帯に寝るといくら
5時間ネテモ



めっさ疲れてしまうのです。。。







11時半に地元の駅で待ち合わせ






逢うのは2ヶ月ぶりぐらいだったのですが




相変わらずお元気そうで
バカみたいで何よりでしたわ




とまあそこのラーメンはうまいんか?




とラーメンにうるへぇ親友がたずねてきましたが






そこはボクも自身を持ってうめえといって
やりましたよ(・∀・)






そして目黒にあったのですが



そのお店に着くと約40人くらいの列が。。。。





まぁこの列にわそんなにおどろきわしませんでした
けっこう慣れてるんで



親友はそれ見て




「うわーあんなに並んでるのかよ!!
 だったら手前の中華料理屋でいいよ」


「スイマセーン」



と中華料理屋さんに入ろうとする親友



冗談でもここまでわざわざ来たのに
それしようとする無謀さのお前にマジあきれ顔だぜ\^o^/




そんで並ぶやいなや



「こんなにラーメンに並ぶ人の気がしれねえよ~
 うわーしなねえかな~」


「こんなにラーメンに並んでる愚かなやつらと
 一緒に看板とってやるぜ」




お前もこの列に並んでる一人だろうがあ!!!!!!!!


無茶というか暴言すぎじゃあああああああ
\^o^/






そっからいつも通り



雑談しながら店内にはいるのを待ってて
そのうちこのラーメン屋には
レンゲがないんだよとボクがいい



ちょっとしたというか





マジくだらないばか戦争





第一次レンゲ抗争勃発


以下覚えてる限りのあいまいでおおまかだけども
親友との抗争の記録



全編ほぼ声を荒げ若干テンション&ヒートアップし
端から見ればケンカ風景です









親友以下:親
ボク以下ボ





親「え!?この店レンゲないの!?
  普通ラーメン屋といえばレンゲあるだろーよ!!」


ボ「いやこの店はレンゲがないんだよ!!
  この系列はそうなんだよ
  川崎のはあるけどさー」

親「だったら最初っから川崎いっときゃよかったし!!」


ボ「今日祝日でやってるとこなかっけどここしか空いてなかったから
  ここ来たんだよおおおおお!!」


親「レンゲなかったらスープ飲みくいだろうがあああ
  普通メン食ったあとスープを口にしたりして味確かめたりするじゃんか」


ボ「メン食った後器に口つけてスープ堪能すりゃええやんかあああああ」


親「いやレンゲんきゃ超食いにくいだろうがああああ
ボ「だからそれはこの店のこだわりでえええええ
 それにレンゲなくとも郷に入(はい)れば郷に従えだろおおおお?」


ここでほぼ二人の主張が重なり合って
もう収集がつかなくなり
ボクも郷に入(い)ればを郷に入(はい)ればと言い間違える




親「お前はわかっってないんだよーーーー」
ボ「そんなん俺も最初はなくてえーってなったけど
  回数行ってればレンゲなくとも慣れるんだよ!!!」


親「そんなに俺回数ラーメン行かないし!!!!
ボ「だからもうここはレンゲはないからしょうがないの」


親「だからレンゲはは+`{**お前話を聞け!!!
ボ「だからこの店の>+`{`{++*}落ち着いて俺の話を聞けgl+P」



      ↑
ここからこの部分の受け答えをずっとしながら
ボクが指をさして言ってると

親友がボクの指をはたきおとしーの×約7
その後拳を振りかざし「うおおう!?」と
武での制圧にかかろうとする親友


なんせボクより背10㎝高いんですわ
まあこれはあれですが


制圧しようと思えばがんばって制圧できますわな



ボ「だからここのこだわりだからしょうがないの
  てか武で決着つけようとするなんざなんたるやつやで」





でまあいちおう収まりまして



その後店内の前まで並んで
親友はラーメンの大きさなどどんな感じかを

確認すると



親「大ラーメンってどれくらいなんだろ?

ボ「けっこう俺でも食べきれるから
  お前でも食べきれるよ」




そして店内を覗いて運ばれてるラーメンやら
机を見てると



「あ!!!やっぱりレンゲがねえじゃねえか!!!!」




まだ少しの望みをかけてたようです



レンゲがあるであろうという儚い願いは散ったのです





そう




そこにレンゲがないのは
まぎれもない
隠しようのない
ぬぐいされない




事実なのです\^o^/







そしてその事実をしるやいなや
現実を叩きつけられた親友との




第二次レンゲ抗争勃発


親「レンゲなかったらスープ飲みくいだろうがあああ
  普通メン食ったあとスープを口にしたりして味確かめたりするじゃんか」


ボ「メン食った後器に口つけてスープ堪能すりゃええやんかあああああ」


親「いやレンゲんきゃ超食いにくいだろうがああああ
ボ「だからそれはこの店のこだわりでえええええ
 それにレンゲなくとも郷に入(はい)れば郷に従えだろおおおお?」



親「だからレンゲはは+`{**お前話を聞け!!!
ボ「だからこの店の>+`{`{++*}落ち着いて俺の話を聞けgl+P」


ボクが指をさして言ってるのを
親友がボクの指をはたきおとしーの×約7
その後拳を振りかざし「うおおう!?」と
にたびの武での制圧にかかろうとする親友



そうなのです



第二次も







ほぼ変わらぬ内容の抗争でした




親友といいボクといい


親友はけっこう声がでかいんで
この抗争してるとき


周りからはけっこううわこいつら何やってるんだろ・・・


痛い子達や・・・
(ノ_・。)



みたいな感じで見られてたのがちょいと恥ずかしかったですが
(-.-;)






んで結局店内に入ったあと
レンゲもなしに普通に文句言わず食べてた親友が
少し面白かったですが




といってもレンゲ抗争は周りそして
店内にも聞こえていたのでしょうから


今更関係のないことでしょう





ボクはこの目黒店には初めて来たのですが


3週間ぶりのこいうラーメン解禁ということで
めっさおいしかったです



まじ殿堂入りですよまじ


でも親友は


「★5つまでだとしたら★4つだな
 いやかなりおいしかったよ
 味もしっかりしてたし
 俺かんなりラーメンにうるさいけどおいしかったよ^」



たぶんこのあと★一つ分は





レンゲでしょうな
( ̄▽ ̄)





でもなぜかその後




親友が




寄生虫館ってここあるよな?という話になり



急遽寄生虫館を見学することに






親「無料じゃないよな?」
ボ「さすがに無料じゃないだろ
  せめて500円くらいまでなら行くけど」




つきました




入場料無料





ホハなんというキセキ





でもbutしかし







いやーあれですね





目黒きてご飯食った後限定ですよ?






それとラーメン食ったあとは特にですよ?







寄生虫館行くことは興味本位であっても
ゼッタイ行くことはオススメしません





だって寄生虫どもがなんかラーメンみたいで気持ち悪くなって
くるんだもん!!


こんなんじゃいやだもん!!(°□°;)




んでもってそこにグッズコーナーがあり






サナダムシTシャツ
サダムシのポストカード
寄生虫キーホルダー






いったいどこに需要があるんだい。。。w




と二人で嘆いてました








んで話は遡りまして





ラーメン屋着く前のほんの15分前くらいの目黒駅にて





場所が行ったことなかったので
地図を印刷しなくてはと思い


家で住所調べ地図をプリンターで印刷し




場所がわかるように地図をもってきました




でも降りるやいなやどっち方面から行けばいいのかわからず





親友に地図を渡し



駅の地図と照らし合わせると




紙を逆にしてその駅の地図と照合させてました



そうなのですボクがもしこのまま一人で行っていたら
地図を持っているという安心感から

駅の地図と照合することもせず反対の出口から



全くしらないとこへ行くとこだったのです


その文字がちゃんと読める角度で以降としましたからね




前も高校の親友とワッフルを買いに銀座へ行ったときも



地図をみながら行ったのに


また見方が違ってて反対方向に行ってしまったという

悲劇の繰り返しです




ボクの方向音痴の他にさらに重要な欠点が。。。




そして親友から地図の見方をことごとく間違え方向音痴なボクに





「お前はもう歩くなw」
「地図を持ってもお前にもたせたら何の効力も持たないw」




いやー地図音痴の殿堂入りを親友から受けました




そしてこれでほぼ90%で未開の地に
一人で行くことは不可能ということがわかりました




だれか知らない所には必ず付き添いが必要なようです




迷ってしまってMayday!!とかなったら大変なんでね
(T△T)





だからせめて1回下見とかしなきゃです






称号とつくだけに
立派だが果誇れるのか!?(°□°;)
















ごめんチ
[PR]
by burnoutb1t7a8kz | 2009-11-23 23:34 | 生活